法人の保険見直し〜総合福祉団体定期保険
◆割安な保険料で役員・従業員の弔慰金・死亡退職金等の福利厚生制度にお役立ていただきます。
 ●役員・従業員が万一の場合、弔慰金規定・死亡退職金規定等の規程にもとづいて加入した保険金を、規程の
    金額を限度にお支払いいたします。
 ●死亡保険金は、最終的に役員・従業員の遺族にお支払いし、高度障害保険金は、最終的に被保険者たる役
   員・従業員本人にお支払いたします。
◆ヒューマン・ヴァリュー特約を付けることにより、代替従業員の採
  用・育成費用等の企業の経済的損失をカバーできます。ヒューマ
  ン・ヴァ リュー特約の受取人は契約者です。

  ●ヒューマン・ヴァリュー特約は主契約の保険金額以下でかつ2,000
    万円以下で設定頂きます。
法人の生命保険見直し
◆保険期間は1年間で、毎年更新します。1年ごとに収支計算を行い、余剰金が生じた場合は配当金が
  支払われますので、実質保険料はさらに低廉なものとなります。
◆保険料は全額損金算入となります。
◆原則として医師の診査はありませんので、加入手続きが簡単です。
  <保険金額の設定例>  
   ●組別方式
 
     既定に定める支給金額と同額またはそれ以下で職階や勤続年数等客観的基準により組別
    に保険金額を設定する方法。
 
  法人の生命保険見直し  
  *このほかにも全被保険者一律の金額等の設定方法があります。  
  ※クリックすると拡大表示されます  
   
  ・契約締結時には、保険契約の内容を被保険者となられる方全員に文書でお知らせいただき、当社所定の方法で被保険者となられることおよび個人情報の取扱いに対する同意を確認させて頂きます
・ご契約の締結にあたっては、本保険の対象となる貴社の規程をご提出いただきます。
・保険金をお支払いできない場合があります。詳しくは約款をご覧ください。
・配当金は1年の保険期間終了後、収支計算を行い余剰金が生じた場合に決定されます。記載の配当金額は将来のお支払いを約束するものではありません。保険金等のお支払いが多く、余剰金が生じない年度には、配当金のお支払いはありません。
 
   
 
※法人様の生命保険の見直しについてはお気軽にお問合せ下さい。
 
 
お問合せ案内