生命保険に入る目的
生命保険を見直す場合、あるいは新規に加入する場合、まずはなぜ生命保険が必要なのかといった目的を十分に考え、整理することが大切です。
一般に、生命保険の目的には、次の大きな3つの目的があるといわれています。
遺族の生活を支えるために加入します。
一家を支えている方が亡くなった場合、残された遺族が生活していくのに十分な生活費が必要になってきます。また、葬儀代など一時的に必要になるお金もあります。自分が亡くなった後を見据えた保険設計が必要です。

→死亡保障のための生命保険を決める上手な決め方はこちら
生命保険が必要になるのは亡くなる時ばかりではありません。
病気やけがで医療機関にかかると、治療代が必要になってきます。その治療代を補填するために生命保険に加入するという目的があります。
将来どのような病気にかかるかは予測できません。そのための治療費もまた、予測がつかないものです。どのような病気になっても、治療費を心配することなく、安心して治療を受けるために、生命保険に加入することをおすすめします。

→医療保障のための生命保険を決める上手な決め方はこちら
生命保険は保障という目的がもちろん大きいものですが、見方を変えればお金を貯めるという役割もあります。老後のことを考えて長期の貯蓄も考えたいという方は、ぜひ貯蓄性を備えた生命保険もご検討ください。

→貯蓄のための生命保険を決める上手な決め方はこちら
このような生命保険の目的を十分理解したうえで、自分に適した保険選び・保険の見直しをご検討ください。
お問合せ案内