生命保険料控除制度が改正されました
平成24年1月1日以降に締結した保険契約より「生命保険料控除制度」が改正されました。
改正の概要
介護保障・医療保障に対する、保険契約者の自助努力を支援する観点から、生命保険料控除制度が改正され、控除額が拡充されました。
全体の適用限度額は、所得税12万円(現行10万円)に拡大しました(住民税は従来通り7万円)。
契約日時等が平成24年1月1日以降の契約から、新制度の対象となります。
「介護医療保険料控除」が新設されました。
所得税の場合、制度全体の限度額が12万円に拡充され、各保険料控除の適用限度額が
4万円に変更されています。
お問合せ案内