取扱い保険の紹介
生命保険は、その加入する目的によって、大きく『死亡保障』、『医療保障』、『貯蓄性』に分けることができます。
死亡保障の生命保険
保険の種類 特徴
定期保険 保険期間が定まっています。
保険期間内に死亡したときだけ死亡保険金が支払われます。満期時に生存していても満期保険金の支払いはありません。収入保障保険のような大型支払保障を効率的(安く)加入できる保険も含まれます。
メリット デメリット
定期保険は掛け捨て型で、終身保険・養老保険と比べて最も安い保険料です。契約年齢が若いほど保険料は安くなります。 保険料が掛け捨てで、貯蓄性がありません。保険が満期になるとき、再度加入したい場合は、保険料が高くなったり、その時の健康状態によっては加入できない場合があります。
保険の種類 特徴
終身保険 終身保険は保障が一生涯続くものです。
死亡した場合、遺族は必ず死亡保険金を受け取ることができます。
メリット デメリット
生涯にわたり死亡保障があり、貯蓄性もあります。死亡保障額や解約返戻金があらかじめ決まっている「定額型」と、死亡保障額や解約返戻金が変化する「変動型」があり、その人に合った保障額・保険料を選ぶことができます。 終身保険の保険金は残された遺族のためのもので、満期保険金はありません。(解約時に解約返戻金を受け取ることができます。)掛け捨て型の保険ではないため、定期保険より保険料は高くなります。
保険の種類 特徴
養老保険 一定の保険期間内に死亡した時に死亡保険が支払われます。
保険期間満了時に生存の場合は、保障額と同額の満期保険金が支払われます。死亡保障と貯蓄機能を合わせもった保険です。
貯蓄型ページでも再掲)
メリット デメリット
満期保険金があるのが養老保険の魅力です。また、配当金、解約返戻金も定期保険・終身保険に比べると高額です。貯蓄機能に優れているので、老後の生活資金の準備までさまざまな目的に利用されます。 満期保険金を得るために高い保険料になります。
また、 設計書などに記載されている配当金は試算値に過ぎず、将来の支払額を保障したものではありません。
 
※詳しくはお問い合わせください。
死亡保障の生命保険 | 医療・介護保障の生命保険 | 年金保障の生命保険
お問合せ案内