取扱い保険の紹介
生命保険は、その加入する目的によって、大きく『死亡保障』、『医療保障』、『貯蓄型』に分けることができます。
年金保障の生命保険
保険の種類 特徴
年金保険 月々の払込保険料や、受取金額を自身で設定でき、
計画的に備えて、受け取ることの出来る保険です。
死亡保障は、払込みをした保険料額となっていて、死亡保障を抑えているため、受取年金額が大きくなるように設計されています。
メリット デメリット
年金支払期間を10年以上に設定することにより、年金保険料控除の対象となります。
また、告知が簡単なため、健康状態に問題がある方でも加入できます。
死亡保険金が払込をした保険料になります。
また、40年などの長い間保険を掛ける場合は、インフレなどに対応できないため、保険金額の受取額は変わりませんが、生活する金額に対応できない場合が出てきます。
保険の種類 特徴
学資保険 こども保険は、子供の教育資金、結婚資金、独立資金などを計画的に準備するとともに、親などが早い時期に死亡した時の保障も併せて行うとする目的をもった保険です。
メリット デメリット
目標とした保険金額(満期保険金)を確実に手にできます。満期以前にも学齢期などに一定額を祝い金として受け取れます。親(契約者)が途中で死亡した場合には、保険料の払い込みは免除されます。 祝い金をその都度受け取った場合と据え置いた場合では、払い込んだ保険料額と受け取る保険金との比率や税引き後の受け取り保険金額などに違いが生じることがあります。
※詳しくはお問い合わせください。
死亡保障の生命保険 | 医療・介護保障の生命保険 | 年金保障の生命保険
お問合せ案内